ゲーム攻略ライターを半年やって辞めた話②【進撃編】

部屋があまりに寒いので、ここ数日近所のファミレスに入り浸っています。そんなカイザーの思い出話、続きです。

前回の記事はこちら
ゲーム攻略(以下略)①【就活編】

シンデレラ?ストーリー

捨てる神あれば拾う神ありとはよく言ったもので。

僕にもチャンスが巡ってきました。

己を見限った奴らを見返し……そして殺すチャンスが!
(当時の心境についいては前回の記事をご参照ください。)

まずは選考として、サイトの攻略記事をいくつか修正しました。

今思えばとてもすばらしいとは言えないデキだったけど、
とにかく殺意を込めました(訳:ベストを尽くしました)。

なんやかんやその記事は掲載されることになり、

そして「スキルアップのため事務所に来てみないか」というお話があったので本社訪問。(このときスプラトゥーンとWiiUを衝動買い。)(その情報必要?)

編集者としてバイトしてみないかとお誘いを受け、当時週3勤務で暇だったので快諾。

二足のわらじを履きました。
昼はバイト、夜はライターという生活。

さらに派遣もやっていたため、ラッシュライフでした。
それはもう、生命の危機を感じて気になる異性を食事に誘うという謎の行動力を発揮するくらい。(尚、断られた模様。)

そして7月。転職を考えていた際に雇っていただけないかと相談し、晴れて専業アルバイト・Webライター/編集者カワタカイザーが誕生したのです。




進撃のカワタカイザー

知らない世界に触れるのは楽しいもので。

「いかにしてPV数を稼ぐか?」を学び、考えつつ、サイトのコンテンツを整理する日々は充実したものでした。

最前線でそれなりの権限を与えられたため、作業に自分の考えを反映できたのが気持ちよかったです。

これからの時代、言われたことをやるだけじゃあダメだよ
(by知らないおっさん)(伊豆の旅館の脱衣所にて)

卒業旅行先で出会ったおっさんの言葉を思い出します。
前の職場ではこれを実行したがためにお局様のヘイトを買ってしまったけど、今回はそんなこともなく。

純粋に能力が評価される、最高の環境だったと思います。

またカオスを切り拓いて整備する工程はサンドボックスゲーに通じるところもあり、非常に楽しく打ち込むことができました。

余談ですが、自分の後ろに道ができるゲームが好きです。
(レースゲームは超苦手。)

それはさておき。

しかし……前にも書きましたが、楽しすぎて、頑張りすぎて。
僕は死ぬほど疲れてしまったのです。

まとめ

・遊び(モンスト)でも、全力で取り組めば生きる糧になり得る
・人生面白そうな方に進むと楽しい
・頑張ると疲れる

最終回に続く
ゲーム攻略(以下略)③【退職編】

日記の最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ