【Re:ゼロ】第18話 「ゼロから」感想

唐突にアニメ感想ブログをやります。「名作」ではなく「ヒット作」を狙ってる以上、細かなツッコミは野暮だとは思うんだけど。それでも言いたい。

表現について

ここで作画温存しちゃうか

枚数を抑えるならここしかないって気持ちはわかるけど。

せっかく映像を使えるのだから、
アホみたいな長台詞ではなく芝居で見せて欲しかった。

おそらく噂の「3章の神回」ってここのことなんだから、
手を抜くのはもったいない。

 

文章と口語は違う

言い回しは声に出すことを考慮して適宜変更すべきだと思う。
特にこの作品の長台詞はそのまま読むのに適していない。

1から10まで説明するのは文章だからギリギリ許されるのであって、
「甘やかに溶かして――」とか口にさせたらカッコ悪い。

演技に頼りすぎててなんかなー、と思った。

 

演出が微妙

あと「スバルくんには似合わない」をサラッと流したのも勿体無い。

この場面の転機になる台詞なんだから、
枚数使わなくても、見せ方を工夫した方が良かったと思う。

とはいえ泣き顔に全力でここを雑に扱ったのは限られたリソースで最大の効果を狙う意図と思われ、それは正しいんだけど。

 

内容について

「ヒット作とは普通の人にウケる作品である。」

デジモンのプロデューサーはこう仰っていました。

一般的な人。
成績表で言うなら「3の人」。

そう考えれば、きっとこれで良いのだと思う。
この作品のターゲット層たる中高生にはこれで良い。

だがしかし、僕はそんなの求めてねぇ!
(そもそも僕のために作られていないことはこの際無視する)

 

可哀想な女の子を助けて、好意を持たれる

とりあえず可哀想な境遇の女の子を用意して、
それを救済することで主人公のカッコよさを描く手法

嫌いじゃないです。
ただ、それはヒーローではない。

作中ではその行為を指して主人公を「英雄」と呼ぶけど、
それはヒーローと呼ぶのは違和感がある。

都合よく助けてくれるのがヒーローなんだろうか。

ヒーローっていうのはこう、ひとりで、豊かで、静かで……
誰かに認定されるものではなく、自分で決めて良いものだと思う。

変に気負ったり、背負わせたりするのはどうにも好かない。

 

異性に対する過度の期待

今年のはじめに観たクソ映画SWじゃない方)もそうだったけど、
「可哀想な女の子」はこの界隈によく見られます。
(……かわいそうなヒロ様もいるし、この辺は男女平等か)

それを助けることで、
何もない自分が何かこうフワッとなるような、
そういう錯覚をもたらす装置としてのヒロイン。

これはオタクが抱いている異性への過剰な期待*を背景に、
なんとなく成立しているものと思われます。

*異性への過剰な期待

ボーイミーツガールへの淡い憧れが、
煮詰まってなんか大変なことになっている状態。

しゃらくさいですね!

可哀想な我が母を妻に選び、
それを後悔する父を持つ僕だからこう思うんだけど。

けっして不幸ではなかったけど、
どちらかというと円滑ではない家庭環境に晒された身としては。

早く目を覚ませと言いたい。
(ちなみに父は50過ぎてから覚めた模様。南無三。)

自分と向き合うことを忘れないで欲しいのです。
もちろん、そればっかりやってても仕方ないんだけどさ。

 

閑話休題。

 

そういう心の動きはきっとある程度普遍的なもので、
その力学を応用したのがこの手のヒロインで、
個人的にはあまり好きではありません。

王道なのは認めるけども。

まぁ、そもそもこの一連の流れ自体が伏線だから、
とやかく言うのも筋違いなんだけど。

ただ、この主人公はもっとこう、
カウンセリングとかしない奴だと思っていた。

色々なことにぶつかって成長して行くのだと思っていた。
その期待に沿わなかったというだけなんだ。

 

まとめ

要約すると期待と違ったというだけですね。
文句があるなら自分で作れって話ですな、全く。

だんだんとアニメの感想でさえなくなっていきましたが、
まぁこんなことを思ったよ、ということでひとつ。

 

個人的に、この作品は屋敷で2回目の知らない天井やるところがピークだった。

剣聖がシカンダ持ってるのは燃えたけどね!
序盤の見せ方と、設定のセンスは好き。

アニメ感想の最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ