【アニメ感想】コードギアス反逆のルルーシュを見た話①

少し前にプライムに上がっていたコードギアス、シャドバのランク上げの傍ら完走しました。感想がまとまったので綴ります。ネタバレ感想ですよ!!

頭脳戦アニメ!という触れ込み

超期待していました。
頭脳戦ということは、頭の良いキャラ同士の戦い。

いずれかが勝利するとき、
見ている僕もまた驚くような……そんな展開を期待しました。

(要は『G線上の魔王』がまた見たかった)

 

ワクワクしながら本編を観る

冒頭、チェスのシーン

主人公「王が動かねば部下はついてこない(ドヤ」
(チェスの代打ちに現れた主人公、真っ先にキングを動かしながら)

おっと……?
なんか知性を感じないぞ……??

とはいえホモくさい小狼くんのファーストブリットやら、
主人公覚醒からのギアス無双は素直にカッコ良いと思いました。

兄貴をぶっ殺すまでのテンポも最高。
ただ、それ以降の展開がちょっと冗長に感じました。

 

黒の騎士団←これ必要?

「力が必要だ」と結成したけど、そんなことする必要あるのかな……
と、見ていて疑問でした。

演出上あっても良いとは思うんだけど、
もっとサクッと皇帝殺せるのでは?

と思いました。なんというか、方法に疑問。

 

最高に高まった、面通しのシーン

ここ大好きでした。

味方は壊滅、能力は使えない。このままでは絶体絶命。

手に汗握る展開。

果たして主人公はどんな知略でこの難局を乗り切ってくれるのか……

→乗り切れませんでしたー!
(駆け付けた味方に助けられる)

 

……えっ?

 

僕はひどく落胆しました。なんという肩透かし……
期待しすぎた僕が悪いのか?

完璧超人ではなく、作戦に私情を挟めばつまらないミスもする。
それがルルーシュの魅力ではあるんだけど。

当時の僕はそんな気持ちになりました。

死んだ眼で進展のない話を眺める

作品への不信感を抱いた僕はガバガバな主人公と、
なぜかそれをヨイショする無能集団を流し見ました。

学園クソ茶番が長いわ、
キャラの掘り下げばかりで話も進まないわで退屈でした。

こんなギャグもかましてくる始末

ロボで戦闘中の一幕。

敵機に親友が搭乗していると知り、
動揺した主人公は消極的な指示を下す。

「撤退だ!」

主人公信者の一人が遠方に敵の増援を確認する。

「引き際を見極めることも重要……さすがゼロ(主人公の通り名)」

 

……おかしいだろ!!!

 

まとめ:裏切られたような気分だった

能力の暴走はカタルシスがあって、
全てはここに向かっていたんだなぁと感心したけど。

ただ、ほとんど何一つ話が進まないまま、2期に続くよ!!

って言われても……2期の存在は知っていたけど、
まさかこんなに尻切れトンボだとは。

今までみたいなのが26話もあるのかと思うと、
暗澹たる気持ちになりました。

 

キャラクターに知性を感じない上、
期待したような頭脳戦も描かれなかったし。

これどうしよう……。

 

そんな感じで期間を置くことになるのですが、
風邪で寝込んだのをきっかけに2期を見始めます。

……神アニメでした。

次の記事はこちら!
コードギアス反逆のルルーシュを見た話②

アニメ感想の最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ