【読書】「アリス・イン・カレイドスピア」とか

ここ最近珍しく本を読んでいるので、記録も兼ねてざっくり紹介してみます。

最近買った、読んだ本

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

読書再開の先駆けとなった作品。

このまとめを見てひっかかり、試し読みからの購入。

無駄なく遊びだらけの文章が心地よく、
久々に素直に物語を楽しめた感がある。

自分がまだ文章を読めることを再確認させてくれた。

 

ちなみにここからアニメ版「四畳半神話大系」(~2017/3/31まで配信)へと誘われていった。
心地よすぎて無限に観れる麻薬のような作品(褒めてます)。

 

危険と保険の基本原理―ロイズの形成と保険の原理

なんでか忘れたけど、ロイズのことを知りたくなって購入。

序章の歴史の紹介は大いに楽しんだけど、
専門的な話になってくると意味不明すぎてギブアップ。

良い本だと思うよ(適当)。

ロイズビルには一度行ってみたい。

 

アリス・イン・カレイドスピア 1 (星海社FICTIONS)

去年あたりにカレーさんが名前を挙げてて気になってたんだけど、電子書籍じゃないしどうしようかなー、とか悩んでいたけど結局購入。

内容については、

天に浮遊する巨大な大陸“地上(天獄)”。重力に縛られた広大な大地“地底(地獄)”。地上と地底を貫く天地の通路“世界槍”が聳え立つ世界――。

魂なき人類“哲学的ゾンビ”たちが住まう地底都市ザドーナと、その哲学的ゾンビを退治すべき“異獣”と見なす地上の北辺帝国は、激烈な交戦状態にあった。

互いに空想を撃ち合い、解釈で殴り合う。荒唐無稽な想像力が勝敗を決する改竄戦争の舞台で、一騎当千の“妄想狂”たちの、天地の覇権を懸けた壮絶な“世界の書き換え合戦”が幕を開ける!!
幻想再帰のアリュージョニスト』の最近、デビュー作。

Amazonより引用

なんかこんな感じで、
要は妄想戦士たちが口プロレスで遊ぶ作品。

ちゃんと世界観を作ってあるのと、
シリアスな場面に笑いをぶち込んでくるセンスが気に入った

「聖人淘汰」は反則だろ……あんなん笑うわ。

2015年秋に2巻が出る予定、と帯にあるけど、
おそらく立ち消えになっているよう。

まぁやりきった感あるし、仕方ないね。

 

ちなみにここから「幻想再帰のアリュージョニスト」を読み始めて、
これが現在のところ一番の娯楽になっています。

アリス~を読んだおかげで世界観にスッと入っていけたけど、むしろそのためのアリスだったのかもしれないとさえ思える。

単純な比較はできないけど、
大好きな「魔王勇者」よりも好き(知らんわ)。

ちなみにログ・ホライズンはカレーで盛り上がってるとこがピークでした。
貴族子弟2世は嫌いじゃないけど、惜しかった。(左様か)

 

閑話休題。

 

一部熱狂的なファンに異様に支持されてると聞くけど、
アリュージョニストは納得のおもしろさでした。

 

まとめ

なんだかとっ散らかりましたが、
とにかくアリュージョニストはいいですよ。

言いたいことはただそれだけです。

リゼロ?ああうん、おもしろかったよ。
2章の頭までは。(結局3章まで読み終えてるけどね!)

その他書籍とか | 日記の最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ