【steam】slay the spireプレイ日記その18

slay the spire/スレイ・ザ・スパイアの攻略・プレイ日記です。 アイアンクラッドの8〜15をクリアしました。細かくやると長いので、ダイジェストでお送りします。

クリア時の構築(一部抜粋)

アイアンクラッド:アセンション10
sts_iro10_deck

なんて汚いリストなんだ……(笑)

序盤は「無痛」からの廃棄でブロックを確保しつつ、[永久コマ]でドローもできる最強デッキだった。

しかし慢心から[ネクロノミコン]を受け取ってしまい、デッキに入った「死霊の呪い」で[永久コマ]のドローが止まるようになってしまう()。

もう詰んだか……と思いきや、「無痛」を貼った状態で「死霊の呪い」を[ブルーキャンドル]の効果で廃棄することで、HP1をブロック4に無限に変換し続ける……というよくわからんシナジーが成立。

廃棄で圧縮しやすかったこともあり、なんだかんだで勝利。

ボス戦はこんな感じ
sts_iro10_boss1

これを必要な回数だけ使って(廃棄するたび手札に返ってくる)、

sts_iro10_boss2

「ボディスラム」でトドメ。
 
アイアンクラッド:アセンション13
sts_iro13_deck

勝つために必要な最強カードが全部入ってる……「悪魔化」「神格化」が腐っているのがむしろ心地よい。

ボス戦はこんな感じ
sts_iro13_boss

危なげなく?勝利。
 
アイアンクラッド:アセンション15
sts_iro15_deck

最初のショップで「灼熱の一撃」を買えた。このゲームに慣れて以降、最初の焚き火より前で「灼熱の一撃」を拾えたときの勝率は100%な気がする。

ボス戦
sts_iro15_boss

うむ。

 

見どころのなかった回

折り畳んでおきます。興味があればどうぞ。

特に見どころのなかった回たち
アイアンクラッド:アセンション8
sts_iro8_deck

ボス1は瓶詰めした「ランページ」で突破、あとは「リミットブレイク」で。元手になる筋力が1ターン目の+2しかないため、初手に「リミットブレイク」が引けないときには筋力ポーションなどでカバー。

筋力+「死神」ですごい回復できることを初めて知った回。

ボス戦はこんな感じ
sts_iro8_boss

絶対に火力が足りるという安心感。

アイアンクラッド:アセンション11
sts_iro11_deck

「無痛」&廃棄に「バリケード」「悪魔化」が備わり最強に見える。

ボス戦
sts_iro11_boss

「捕食」で体力もモリモリなこともあり、実際最強だった。

アイアンクラッド:アセンション12
sts_iro12_deck

「悪魔化」で打点を確保。あとは大量の「ヘッドバッド」が全部なんとかしてくれた。積み込みはつよい。

ボス戦
sts_iro12_boss

「悪魔化」の時間稼ぎに「幻姿」が役立った。

アイアンクラッド:アセンション14
sts_iro14_deck

「灼熱の一撃」を[ドリーの鏡]で増やした。

ボス戦
sts_iro14_boss

デカドヌは癒やし……


 

現在の進度

クラス アセンション
アイアンクラッド 15↑
サイレント 16
ディフェクト 9

サイレントの17。「有毒ガス」と大量の敏捷性を確保したにも関わらず、ブロックが間に合わない事案に見舞われて戦慄しています。アセンションとはよく言ったもので、実際修行めいている……。

まとめ:感想と攻略など

アイアンクラッドはシンプルに「筋力を上げれば良い!」というのがわかりやすく、サイレントに続いてアセンション15を達成できました。戦闘中の圧縮が楽しくて、「バトルトランス」を「ヘッドバッド」で使い回す動きも好きです。

難易度が上がってくると、2面以降を越えるには「悪魔化」or「リミットブレイク」の高筋力か「灼熱の一撃」がほとんど必須かな……という感じがしました。他にも軸は存在するけど、なかなか狙えない気がする。

ディフェクトも15まで終わってるので、まとめて更新しようと思います。「氷河」ナーフの影響もあってか、アイクラよりも苦戦しました。

ところでライバルズ新環境。さっそく◯ー◯いさんの氷塊冒険者で遊んでいます。世紀末は楽しいZOY☆(なんかもうお互いが爽やかに死んでいくので、いっそのこと清々しい。)

【次の記事】slay the spireプレイ日記その–

SlayTheSpireの最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ