【ゲームブック】人狼村からの脱出、遊び始めました【ネタバレなし】

リアル脱出ゲームのSCRAPがゲームブックを作っている……ということを嗅ぎつけて、「人狼村からの脱出 狼を見つけないと、殺される 」(脱出ゲームブック) を遊び始めました。

これは神ゲーですね……(ネタバレなしの紹介&感想記事です)。

ゲームの進め方

プレイヤーが探偵としてある村を訪れるところから物語は始まります。
手がかりを集めながら、人狼を発見することが目的。

ゲームを進めて行く手順は以下。

①捜査シートの裏、新聞を読む

gb001_02

こんな感じのシートが5日目の分まで用意されています。

gb001_03

裏側が新聞になっていて、これを読んで気になった場所を調査します。
「宿屋猫とフクロウの路地裏で殺人」か……

②地図で気になる場所を探す

gb001_05

各エリアには数字が割り振られていて、
対応するパラグラフ(段落)を調べることで捜査が進行します。

宿屋猫とフクロウは300。
本をめくって、パラグラフ300を探してみると……

(このアイデアすごく好き。めっちゃワクワクする)

③パラグラフを探索して手がかりを集める

gb001_07

こんな感じでゲームブックに突入。
容疑者への聞き込み等を通じて、手がかりを集めていきます。

(パズルを解かなければ先に進めない場面も)

④手がかりを集めて翌日に進む

gb001_06

全ての手がかりを集めると翌日に進めるようになっています。
(手がかりに割り当てられた数字の合計を参照する)

これを繰り返して5日間の捜査を終えたら最終段階。
(ちなみに地図の番号は一日経過ごとに更新される)

⑤人狼を推理し、Webサイトでエンディングを確認

gb001_09

公式Webサイトにアクセスして、人狼を指名します。
今だからこそできる遊び方ですね。

gb001_00

16人の容疑者。5人噛まれるとしても11名は残る計算……
人狼はいったい誰なのか、今からワクワクが止まらないぜ!!

gb001_08

ちなみに役職の内訳はこんな感じ。
(怪人の出典はワンナイト人狼の怪盗……?)

まとめ:ものすごく楽しいよ

だいたいの所感は上で述べた通りです。
まだ一日目ですが、とてもワクワクしながら進めています。

いや本当に、こんなに楽しくて良いの……?
1800円しか払ってないんだけど?(課金者の発想)

終わったら人に譲るかメルカリで転売するつもりなので、
もっと安く済む可能性すらあり。いやはや。

リアル脱出ゲームには3-4回くらい参加した経験があるので、
これも大丈夫だろうとは思っていたんだけど。

予想以上にすばらしい物でした。
クリアしたらまた感想を書きます。

ゲームの最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ