【Steam】Tabletop Simulator買いました【神ゲー紹介】

Tabletop Simulatorを買いました。仮想空間のテーブル上で何でも遊べる神ゲーです。ボードゲームの革命ですよ、これ。

どんなゲーム?

TS002
仮想空間にテーブル1つ。

この上でトランプやオセロで遊ぶも良し、
コマを投げることもできるし、ちゃぶ台返しもできる。

限りなく自由な遊び場を提供するゲームです。

TS003

オブジェクトを巨大化させることもできちゃう。

アナログゲームを仮想空間で遊ぼうという、
倒錯したコンセプトが近未来を予感させます。

 

実際に遊んでみる

TS004

まずはチュートリアルで操作に慣れる。

マウスでカーソルを移動、右クリックで視点、
WASDでカメラ位置を移動。

物を移動させたり、
Fキーでカードを反転できたり。

ブラシを使えば机にラクガキもできちゃう。

神ゲーじゃねーか……

この段階ですでに楽しい。

Overwatch用に買ったゲーミングマウスにショートカットを割り当て、
快適な環境を構築。

いざ、友人を召喚。
(そのために4つ入りパックを購入。つまらなきゃ返金できるしね。)

 

友人と遊んでみた

ボイチャも付いてるけど、負担軽減のためSkypeを使用。
Y「いやっほーい」
僕「早速やりますか」

オセロで遊ぶ

TS006

※当時の状況をふんわり再現したものです

僕「あー。角取られたわ。詰んだわ」
Y「プロはここから切り込んでくらしいけどな」
僕「…………」(←こっそりコマを反転させる)
Y「ひっくり返すのやめーや(笑)」
僕「バレたか……じゃあいくぜ!」

 

TS005

Y「オレのコマの上に載せるなよ(笑)」
僕「……軍儀って知ってるか?」
Y「そういうゲームじゃねーから!!」

その後、ちゃぶ台返しによって勝負は有耶無耶になったのでした()

 

遊◯王で遊ぶ

TS008

「「デュエル!」」

操作はすべて手動で、ライフは電卓で管理する。
ザ・アナログ。

DOでガスタや剣闘を使ってたあの頃を思い出す……

 

TS009

 

友人の攻撃がじわじわとこちらのライフを削っていく。
ちなみに、色付きのエリア内は自分にしか見えない。

Y「よし、かなり押し込めてるな」
僕「それはどうかな?」

 

TS010

Y「なにぃ!オレのライフが減っているだと?!」
僕「カードの解読に手間取っている隙に削っておいたのさぁ!!」
Y「くっそぉ!!(笑)」

 

とまぁ、そんなこんな。

その後二度目のスティール()を咎められ、
ライフを支払ったりなんだりして決着。

負けたけど青眼出せたから満足さ。

 

 

3人でポーカー

TS007

テキサスホールデムの世界を召喚。
ただ、ルールがわからないのでドローポーカーに。

僕「フォーカード!イエー!!」(雑)

この後「G」キーでオブジェクトをまとめられることに気づき、
コインの束を振り回して遊び始めるのだった。

 

後日のレポートは別記事で。

 

ただし問題もあって

TS000

有料アドオンで買えるボードゲームもいくつかあるんだけど、
ワークショップでユーザーの追加したアイテムを無料DLできます。

ただ、ここが本当に無法地帯。

ご覧の通りピンクボール型のチェスト(オブジェクトを収納できる)があり、
SA◯のフィギュアもあり。

買えば数千円はする大箱のボドゲも平然と並んでいます。
TCGもだいたい置いてある。

今この瞬間しか存在し得ないであろう、黎明期のアングラ。
権利とは何かを考えさせてくれます。

遠くない未来には、データ警察みたいなのがネットを巡回するのかもしれませんね。

素材を自作すれば法的には問題ないらしい(1/19追記)
買ったものを読み込んで遊ぶのも平気と。

マジコンみたいな話ですね。

 

まとめ:さておき名作に違いはない

ウォーゲーム用の動くフィギュアを大量にばら撒いたり、
好き放題散らかして遊べるってだけでも楽しいです。

その気に慣れば原始的なゲームは遊べるし、
自作ボードゲームのテストプレイにも使えます。

操作の不自由さとか、リアルには及ばない面もあれど。

リアルタイムで同じ卓を囲んで、そこに干渉できる。
新しい遊びの体験がここにあります。

ポケモンGOと同じくらい感動。
遊び相手が居るならば、買って布教する価値はあると思います。

Steamの最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ